家庭の電力の自給自足を 一緒に考えましょう

セキエナジー

262-0024 千葉県千葉市花見川区浪花町807-11

080-3153-8011
Email
seki-m@seki-energy.com
受付時間
9:00~19:00

発電と蓄電で地産地消、セキエナジー は家庭の光熱費削減のご相談に、消費者目線でお答えします。ZEH ゼロエネルギーハウスを提案します。

停電時、太陽光発電と蓄電池の頼り無さを経験しました。スマートスターは停電時も太陽光発電のパワコンに電力を送り、フル活用し、自動で家庭の電力を全てまかないます。ブレーカーの切換えがいらないのです。

ゼロエネルギーハウスに蓄電池は必須 停電時も自動で稼働

ゼロエネルギーハウス

災害は待ってくれません、停電はいつ起きるか誰にも予測できません。まさかの備えとして考えませんか、停電時も平常と変わらぬ動作をする蓄電池が発売されました。 今後、ますます環境保全の施策が必要とされる中、次に政府が打ち出すのがZEH(ネットゼロエネルギーハウス)の普及促進です。新築の家だけでなくリフォームでのZEHにも力を入れて支援していきます。そんな中、すでに太陽光発電をつけている方は、本来の目的、電力の自給自足を考える時が来ています。

余剰電力買取期間10年とその後  2017年度→2019年度単価発表

拡大して確認

経済産業省より、今回は2019年度までの3年分がまとめて発表になりました。表を拡大して確認ください。さて、2009年設置の方は2019年に買取制度が終了し、その後の単価は12円前後になるとの見方もあります。制度終了までに設置を検討しましょう。買取単価はこれから10年先まで保証されます。制度終了間際の方も、太陽光発電設置を検討中の方も、蓄電池を併設して、電力の自給自足へ向けてスタートしましょう。

蓄電池設置の効果 停電の備えが第一

伊藤忠商事のスマートスター

蓄電池は、それ単体では大幅に光熱費を下げる機器ではありません。簡単に言えば安い時間帯の電気を貯めて、それ以外の時間帯に使うための機器です。なので、太陽光とのリレーで効果を発揮し、夜も電力をまかないます。現状は損得を意識すると設置を迷いますが、蓄電池を購入されている方の設置理由は、災害時、停電時の備えとしての目的が第一と言えるでしょう。そして、太陽光発電と組み合わせるべき最優先の機器となるでしょう。

新着情報

2017年3月4日
都内60万戸停電
2017年4月5日
ホームページをリニューアルしました。
2017年4月8日
2017年4月
地域別年間発電量実績データ
ソーラークリニック
2017年4月oo日
ナトリウムイオン二次電池
2017年5月oo日
スマートスター業界紙掲載